2020 SOUND&VISUAL FESTA OKINAWAに参加しました

1月15〜16日、沖縄県沖縄市で開催された、放送・照明・音響機器展示会
2020 SOUND&VISUAL FESTA OKINAWAに出展しました。

展示会場の様子

展示ブースでは、映像・音声のデジタル化事業のご案内とともに、見えない映像を見える化する映像鮮明化装置LISrシリーズのデモ展示も行いました。


こちらは、暗い・悪天候などの悪条件で撮影された不明瞭な映像を、特殊なアルゴリズムを用いて解析・鮮明化する装置です。暗闇や濃霧などでよく見えない映像がリアルタイムで鮮明化される様子に多くの方が驚かれていました。

映像鮮明化装置 LISr-101

昨年に引き続き2回目となるスペシャルイベントでは、沖縄国際海洋博覧会・沖縄館(1975-76年)で上映された「かりゆしの島-沖縄」の4Kデジタルリマスター版上映を行いました。
フィルムは経年劣化により真っ赤に退色をしてましたが、色調補正技術により色調の復元を行い、鮮やかに蘇った45年前の沖縄の情景をご参加いただいた多くの方々に楽しんでいただけました。

2020 SOUND&VISUAL FESTA OKINAWA公式ホームページ

スペシャルイベント かりゆしの島-沖縄 上映会について

全史料協全国大会に 協賛企業として出展しました

第45回全史料協全国大会

11月14日〜15 日まで長野県安曇野市で開催されていた、全史料協全国大会に 協賛企業として出展をしました。

展示会場

ご来場者の多くが紙資料を専門にお取り扱いされている施設ですが、映画フィルムにも 目を向けていただこうと考え、今回の出展は映画フィルムに焦点を当て展示をしました。

デジタル化困難と思われた8mmフィルムの再動画化映像や、弊社独自のフィルムの 可視化(プレスキャン)業務など、ご来場者の悩みを解決する一つの手段だと 認識していたけたのではないかと思います。

展示ブースの様子
映画フィルムに焦点をあてた展示

図書館総合展に出展しました

11月12日〜14日までパシフィコ横浜にて開催されていました
図書館総合展に出展参加しました。

図書館総合展は、図書にまつわる様々な発表をはじめ、
施設利活用の工夫から新しい什器の紹介まで、幅広く展開している展示会です。

図書館は本のみではなく視聴覚資料を取り扱う施設も多くあります。
東京光音では本のプロの皆様に向けて、「視聴覚資料の今後」について紹介しました。
大きなテーマは2019年7月15日、ユネスコの“Information for All Programme”(みんなのための情報プログラム)が、
国際音声・視聴覚アーカイブ協会(IASA)と共同で、“Magnetic Tape Alert Project”を開始したと発表した件についてです。

磁気テープは媒体の劣化だけではなく、稼働する機材の減少によって、
テープそのものに問題がなくても再生できなくなるという問題を抱えています。
図書館総合展では、本のプロの皆様に向けて、そのような磁気テープの課題についてご紹介しました。

参照記事
ユネスコ“Information for All Programme”と国際音声・視聴覚アーカイブ協会(IASA)、磁気テープ記録の長期保存問題に取組む“Magnetic Tape Alert Project”を開始
https://current.ndl.go.jp/node/38687

展示ブースの様子
様々な磁気テープの規格
2025年問題とは