ハードディスクは何年もつ?

デジタルデータの格納メディアはいくつかありますが、現状最も多く使われているのがハードディスク(HDD)です。

HDDの種類とメリット・デメリットを簡単にご紹介します。

据え置き型HDD
メリット
  • 価格は比較的安価
  • 大容量の規格がある
  • LAID対応など保存に適した規格がある
デメリット
  • 別電源が必要
  • サイズが大きく、重い
  • 頻繁な持ち運びに少し難がある
ポータブルHDD
メリット
  • 別電源が不要
  • 小さいため置き場に困らない
  • 軽く持ち運びに便利(耐衝撃規格がある)
デメリット
  • 大容量のものが少ない
  • 価格は比較的高め

一般的にHDDの寿命は可動部品があることから比較的短く、およそ4年程度と言われています。ただ、HDDの種類、動作環境に大きく左右されます。HDDは熱に弱く結露もNGなので適切な温度・湿度も場所での保管が必要です。

また、故障によるデータ損失など万が一に備えて予備HDDなどのメディアへのバックアップを必ずとっておきましょう。5年位を目処に新しいHDDへの書き換えを行うことをおすすめします。

※これはフィクションではありません。6月10日朝、発生したHDDトラブルにより2週間分の作業データが消失し、意気消沈する当社スタッフ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です