Home >作業事例 >ビデオテープからダビングお預かりからご納品まで

ビデオテープからダビングお預かりからご納品まで

ビデオテープをお預かりしてからご納品に至るまでの基本的な流れを簡単にご説明します。

ビデオテープお預かりにあたって

■古いビデオテープはカビが生えたり固着している事があります。
 ビデオデッキで無理に再生するとヘッドの損傷やテープが切れたり
 巻き込んだりする事があります。
■規格が不明の特殊なビデオテープもご相談ください。
■まずは、そのままの状態でお持ちください。安心して確実に復元できる手順をご案内いたします。

エバリュエーター・テープクリーニング

収録前に1インチ・3/4・D2・1/2
フォーマットのテープをクリーニング、
整巻をおこないます。
VHSテープやベータマックスのご家庭用テープも
クリーニングします。

補修作業

クリーニング作業中、発見された不具合を補修します。
・テープの巻き込み跡
・切断
・カビなどの通常クリーニングで落とせないものの付着

ダビング

クリーニングが完了したテープはダビングします。
当社では、あらゆるフォーマットに対応するために、
国内外の様々なビデオデッキを維持・管理しています。

データ変換

テープからテープへのダビングの他にも、
動画データなどへのファイル変換も行っております。
Adobe Premire、Apple FinalCutPro
Avid MediaComposerなどの機器を使用しています。

エバリュエーター

テープでの納品の場合、
納品前にD2・1/2フォーマットの
テープをクリーニング、整巻をおこないます。

ご納品

DVDやBlu-ray Discをはじめ、
業務用ビデオテープや各種データファイルなど、
お客様のご希望のメディアにて納品させていただきます。

ご紹介のサービスを詳しく知るには

  • ダビング

    ダビングでは、HD/SDのさまざまなテープフォーマットの変換に対応します。

    >>> 詳細

Page top